Twenty Twelveで投稿者のプロフィールを表示させる方法

Twenty Twelveには投稿者のプロフィールを表示させる機能がデフォルトで備わっています。
でも、初期設定のままでは表示されません。これを表示させる方法を発見したのでお知らせします。

投稿者のプロフィールって?

投稿の単一ページで、本文の下に表示されるこんなのです。
author-info
このclubringoの様に複数の執筆者がいる場合は、特に重宝します。個人のblogの場合はfooterにプロフィールがあるだけでOKでしょう。

投稿者プロフィールを表示するには?

ところが、Twenty Twelveでは、初期設定のままでは投稿者情報は表示されません。avatarの設定は関係ありません。条件は以下の3つです。

  • 単一ページであること。
  • その投稿の投稿者のユーザー情報の「プロフィール情報」に何らかの入力があること。
  • そのWordPressのautherが2人以上いること。

2つ目の「プロフィール情報」は、ダッシュボードから「ユーザー/あなたのプロフィール」を開くと入力できます。「あなたについて」の「プロフィール情報」の部分です。
about_you
これで、投稿のsingle表示のコンテンツの下に、投稿者プロフィールが表示される様になります。

投稿者プロフィールを表示するtemplate

具体的にはTwenty Twelveの「content.php」が表示してくれます。

ポイントは4行目のif文です。is_singular() と get_the_author_meta( ‘description’ ) と is_multi_author()の全てがtrueの時だけ、div.author-infoが表示される様になっています。つまり、

  • is_singular() 単一ページであればtrue(archiveや検索結果などではない)。投稿タイプはpostでもpageでもattachmentでも問わない。
  • get_the_author_meta( ‘description’ ) ユーザー情報を取得する。ここでは’description’が指定されているので、プロフィール情報に何らかの入力があればtrueになる。
  • is_multi_author() そのWordPressのautherが2人以上いればtrue

あと、avatarのサイズをちょっと大きく100px四方にしています。clubringoの現在のテーマはTwenty Twelveのクローンなので、直接、content.phpを編集しました。
というわけで、clubringoメンバーの人は、プロフィール情報を埋めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA