タグ別アーカイブ: javascript

HTML5 canvas

HTML5 canvas

に盛大に開催された勉強会の議事録です。
今回は、かおりんごさんのリクエストでHTML5 canvasをやってみました。
とりあえずこんな感じです。

sample

HTML5の新要素canvasというものとjavascriptで実装します。要素というのはh1とかpとかの事です。HTML要素です。

” 簡単に言うと、絵を描く為の画用紙がHTML5 canvasです。
絵を描く為の筆がjavascriptです。”

今回こちらのサイトを参考にさせて頂きました。
nezz*script

こんな感じです。javascriptのいろいろな数値を変えてみると、何がどう変化するのか分かると思います。僕もまだ詳しい事は分かりません。とりあえず、たくさんいじったりして理解を深めるしかないですね!

*勉強会当日参加メンバーへ
この記事について勉強会でやったのに不足している部分がありましたら補足しておいて下さい。

ロボット

スパムメール(迷惑メール)対策!ページが読み込まれ表示する際に、メールアドレスの表示だけ数秒送らせる。

噂ではメールアドレスを探しまわっているロボットがいるらしいです。ロボットといってもマジンガーZやゲッターロボのようなものではありません(だとしたらかっこいいなあ)。残念ながらただのコンピュータープログラムです。
世界に何万とあるサイトに訪れてメールアドレスを探している。(らしい )
ページをパッと見て、以下の様なmailtoのある記述を探しているのです。(おそらく)

パッとみて無ければ他のサイトに行ってしまいます。(きっと)
それならば、javascriptでメールアドレスの表示を数秒送らせて、ロボットにフェイントをかけてみようではありませんか!さらに拡張子偽装もしちゃいましょう!これで安心!(なにもしないよりかは)

以下のコードをそのままコピーしてテキストエディタ(ドリームウィーバーやテラパッドなど)にコピー。ブラウザでプレヴューしてみて下さい。3秒遅れてメアドが表示されますね。何秒遅らせるかはあなたのセンス次第です!

簡単でしょ。(htmlとjavascriptをだいたい理解できてるという人前提です)

id名やメールアドレスや数字(何秒遅らせるか、3000は3秒)など自分なりに書き変えてやってみて下さい!

参考にしたサイトhttp://www.nikkei-azabu10.com/smail14.html